ビジネス書からはじめよう

最新のビジネス書や話題の本、わかりやすく面白い情報を発信していきます

                     

【感想】何のために働くのか。働くことは2つの意味がある。それは「カセギ」と「ツトメ」だ。

#感想 #レビュー #要約 #ビジネス書 #道をひらく

この記事を10秒で読めるかな

 

 

一言でいうと、「働く」ことには2つの意味がある。

それは、「カセギ」と「ツトメ」である。

 

 

【何のために働くのか 自分を創る生き方】

寺島実郎著、文藝春秋、2013

みなさんこんばんは!!
本えもんです!!!!!

今日はvol.37です。


新しい働き方を身に着けたい人にオススメ 
represent-suzuki.hatenablog.jp

represent-suzuki.hatenablog.jp

 

 

 

 

「カセギ」は稼ぐこと、生存に必要な金銭を享受するために働くことを意味する。言い換えれば、経済的自立を表す。

 

一方、「ツトメ」は社会参画や社会貢献を表す。

社会に必要なこと、もっと社会をよくしたいという思いから、金銭だけでないもののために働くことが「ツトメ」である。

昔の「お勤め」というのも、自分の稼ぎ以上に家であったり地域、国のために働いていたことも関連している。

 

 

蛇足ながら、本書の内容に2018年を生きるものからコメントするのであれば、カセギとツトメが両立することは昔より幾何か容易になっていると思う。

理由は、インターネットの力だ。

 

社会貢献活動も、インターネットによってマネタイズの間口が広がり、持続可能性を高め始めた。実は、NPOやボランティアなど「ツトメ」側の活動は、クラウドファンディングと非常に相性がいい。

 

自分は直接赴いて参加はできないけど、お金を出すことで間接的に参加することはできるよ、と参画しやすくなった。

参加者数も見える化できるため、尚いい。

 

今後、カセギとツトメはお互いの境界を徐々に溶かしながら、融合していくと思われる。

 

 

最後に、本書でも紹介されている『ヨイトマケの唄』を紹介する。

2012年の紅白で美輪明宏が印象的に歌い切った姿を思い浮かべる人も多いと思う。

 

動画はこちら。

ヨイトマケの唄 〜紅白歌合戦より〜 - YouTube

 

 

 

 

この歌に、働くことの意義や意味を見出す人も多いだろう。私もその1人である。

 

 

 

何のために働くのか、その意味を考えさせてくれる1冊。 

 



※敬称略

 

組織にいながら自由に働こう!

represent-suzuki.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

ブロガー紹介

 

represent-suzuki.hatenablog.jp