ビジネス書からはじめよう

最新のビジネス書や話題の本、わかりやすく面白い情報を発信していきます

                     

【感想】【本えもん祭vol.3】ゼロ。なにもない自分に小さなイチを足していく

#感想 #レビュー #要約 #ビジネス書 #本えもん祭
#ゼロ #囚人 #755 #堀江貴文 #八木町 
#東京大学 #インターネット #挑戦 #努力 #成功
 
この記事は約2分で読めます。
  
ーこの本を要約すると
ホリエモンは幼少期、青年期を経て今も常に前のめりに生きている。成功は掛け算の結果ではない。
ゼロの自分にイチを足し算して、ようやくスタートする。
 
ーどんな人にオススメの本? 
ホリエモンに興味がある人
ホリエモンの生い立ちをWikipediaより詳しく知りたい人
 
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

【ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく】
 
みなさんこんばんは!!
本えもんです!!!!!
 
今日はvol.24です。
 
そして、
本えもん祭りvol.3です。
 
10/3~よりホリエモンの本を紹介しまくる
本えもん祭を開催しています。
ホリエモンに関する過去記事はこちらから。
 読みやすさを考慮して、これより後の文章では本書を「ゼロ」と呼ぶことにします。
 
「ゼロ」ってどんな本?
 
ホリエモン堀江貴文という男は何者なのか。
どこから来て、いまどこにいて、これからどこに行くのか。何を考えている男なのか
Wikipediaよりホリエモンのことが詳しくわかる本です。 
 

 

人が前に進もうとするとき、大きく3つのステップを踏むことになる。

挑戦 リスクを選び、最初の一歩を踏み出す勇気

努力 ゼロからイチへの地道な足し算

成功 足し算の完了

 

これこそ、ホリエモン哲学の大金言です。

胸に刻みました。

 

ホリエモンってどんな人なん?

って一度でも思った人は読めば、その正体がわかりますよ。

 

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 
  
 
 
明日も更新します☆
 
※敬称略
 
 

【管理人オススメ記事のご紹介】

 カラーセラピストエリカの紹介

 

www.rainday2626.com